大学院について悩んでいる人のためのブログ

大学院に進学しようか悩んでいる。大学院に進学したが様々な悩みを抱えている。そんな人達の力に少しでもなれたらと思っています。

大学生・大学院生が教授や先輩に相談する時に絶対に気をつけて欲しい事

このブログで、悩んでいる学生に対してしきりに

 

誰かに相談しよう! と書いてきましたが、注意してほしいことを書きます。

 

結論から。一番言いたいことは、

自分より経験豊富な人間の言うことが必ずしも正しいわけではないので、真に受けすぎてはいけない

ということです。

 

そもそも研究の世界というのは恐ろしく狭く深い世界です。

 

海外と共同研究を行って方々を見ると、到底狭いだなんて言えない気はしますが

 

それはあくまで研究という世界の話。

 

大学にいると(というよりどこでも同じ環境にいれば普通そうなる

そういった感覚が鈍ってきて、その世界の事しかわからなくなってきます。

 

例えば一般企業の就職について教員や先輩に相談した時、色々と言われることがあるかもしれません。

 

 

ただ、一つ考えて下さい

 

その人達は研究のスペシャリストだったとしても、企業で働いた経験などありません。

 

その人達のよく知らない世界に対する批判などはただの妄言です。

 

人に相談し、意見をもらった時は必ずその人がその世界にいたかどうかを判断基準にすべきです。

 

その世界にいたわけでもないのに、不確定なネガディブイメージなどを話し始めた場合100%その人が勝手に作り上げた想像を語っているに過ぎません。

 

そういった想像を真に受けて進むべき道を誤ることだけは避けたいですね。

 

ただ、自分で入って見なければわからない、というのも確かに不安です。

 

 

やはり人に相談する時は、その世界に足を踏み込んだことがある人の話を聞く事が一番いいのだと思います。

 

一つ具体的に言うと、その世界について経験している人のブログを見ることです。

 

妄言を信じて後悔することはなんとしても避けましょう。