大学院について悩んでいる人のためのブログ

大学院に進学しようか悩んでいる。大学院に進学したが様々な悩みを抱えている。そんな人達の力に少しでもなれたらと思っています。

大学院の研究に向いているかどうか【悩み】

 今回書く記事は僕の経験から書ける極めて狭い範囲のお話です。

そして大学院生がモチベーションの低下に陥ったり、自分が何のために研究しているのかよくわからない、と言ったことが起こらないように考えをまとめていきたいと思います。

 

それでは本題に移ります

 

大学院で行う研究は何をすべきか?

研究の本質は未だわからないことを明らかにし、人類の発展に貢献することです。

そのために、ピペットを持ったり、細胞を扱って実験をしたり、動物実験を行うのです。

 

ただ、みんなこの本質をわかっていても、実際にやっていることは目の前の実験です。

正直言って思うように結果も出ないし、目の前の結果に囚われて進めなくなることも多いです。

 

この研究は何の役に立つんだ?

行き詰った時にはよくこの考えが頭をよぎります。

 

研究では(というより研究も)、非常にミクロの世界の話からマクロな世界の話まで範囲が広いです。

忘れてはいけないのはこの研究がこの先、何の役に立つかを具体的にイメージできることです。

 

僕の経験から断言できることは、自分の研究が役に立つことはわかっていても、その時が来るのが10年20年も先のことだろうと思えて自分が何をやっているかよくわからなくなる人はあまり大学の研究に向いていないかもしれません。

 

大学の研究は人類の発展に貢献します。しかし、それがいつのことになるのか具体的にイメージすることが非常に困難である場合が多いのです。

いつになるかわからないけど、この研究は必ず役に立つんだ、そのために自分は頑張れるんだ。

大学で研究者になれるのはこういった人だと改めて感じました。

そして自分はそうではなかったことに気づきました。

 

すぐ役に立つ研究開発というのは、どちらかというと企業で行われています。

(※ここでいうすぐ役に立つとは、社会還元されるまでが早いという意味です)

企業は商品のために研究をしていますし、商品はすぐに人の役に立つものです。

何かすぐ役立つことがやりたいなー!という人は企業の方が向いているかもしれません。

 

既に大学院に入ってしまったけど何をすればよいかわからない場合

とにかく身近な誰かに相談しましょう。

「研究室の環境」についてはまた別の記事で書きますが、恵まれている場合、そうでない場合、あると思います。

悩んでいるのはほぼ恵まれない環境の人だと思いますが、はっきり言うとそれはもう仕方のないことです。自分で切り抜けるしかありません。

ただ、必ず誰かに相談しましょう。大学院を退学して、第二新卒中途採用で働くという手段だって取ることは出来ます。

身近にいなければ、大学の相談センターでもいいし、何なら僕でもできる範囲のアドバイスはするつもりです。

 

一人で悩んで、思い詰めるとか、そんなことはしたらダメです。

大学院入って挫折したって恥ずかしいことではないです。

 

大学院進学を悩んでいる人は、まずブログを検索して下さい。

僕も大学院で挫折した人のブログをたくさん読みました(特に博士課程)

自分と同じような悩みを抱えている事に安心しましたし、そこから自分はどうすべきかと考えることも出来ました。

 

結局、進学して悩むくらいなら先に社会に出たほうがいいと思います。

自分が大学院の研究に向いているのか?何の為に大学院行きたいんだっけ?

という方はまずブログを検索して、自分の中でよく考えて下さい。

僕は大学院進学を考える前にそれをしなかったから、その時の自分にそう伝えたいです。

 

自分が大学院の研究に向いているかどうかは、大学院に入る前に考えましょう。

予防医学と一緒です。病気になる前に、病気の原因になりそうなものを取り除いていく、それが大事だと思います。

 

大学院は何をする場所なのか? 何を考えて進学すべきか【大学院進学の悩み】

この記事は理系学部生・理系修士学生向けです。

 

そもそも大学院とは

  • 何をする場所なのか?
  • 何を得られる場所なのか?
  • 何を失う場所なのか?

この3点についてお話していきたいと思います。

 

大学院は何をする場所なのか?

 文科省が定めるところによると~とかいう話ではなく、実際の僕の抱いているイメージをお伝えします。

大学院でやることは基本的には研究です。

理系の大半の学生は学部の間に研究室に所属し、少しでも研究をしたと思います。

より深いレベルで研究を学ぶことが大学院で求められることです。

もちろんこれが全てではありませんし、修士と博士で当然違いがあります

これについてはまた掘り下げた記事を書く予定です。

 

大学院というのは、本来、研究をしたい人が行くべき場所だと思うのです。

ただ、現実的には就活がめんどくさいなんとなく学歴が上がるから、友達がいくから、という成り行き的な進学パターンが存在することも事実でしょう。

 

 僕はそれでも良いと思っています。

それでもこなせるのであればいいのです。

問題は、行かなきゃよかったあの時ちゃんとやっておけばよかった

そんな後悔は絶対にするべきではないんです。

re-zero.hatenablog.com

 

大学院で何が得られるのか、しっかり考えよう!

  • 研究を通じて、研究に必要な情報収集能力、思考力、プレゼン力が身につく

これは大学院に限らず、大学でも得られるものが含まれますが、大学の4年間でそのことに気付ける人は多くないはずです。

これらを改めて学べる可能性があります。特にプレゼンについては、人前で発表をする機会が格段に増えるためそれだけでも良い経験になると僕は思います。

ただ、社会に出て仕事する人にもこのような経験が十分訪れることは考慮すべきです。

  • 大学院卒という学歴が得られる

これはメリットではあると思いますが、結局はその人の能力で判断されてしまいます。その肩書を取っただけで、偉くなれるかと言われたら、やはりそうではないでしょう。

就職に有利に働く場面はあると思います。大学院生の就活についてはまた書きます。

 

 

ここからが本題です。

 

大事なのはその得た能力をどうやって社会で活かすかです。

これは大学にいこと、大学院に行こうと変わりません。

僕たちはこの不安な社会で生き残らなければいけません。

そして楽しいことをいっぱい経験したいです。

そのためには社会に出てお金を稼がなければいけないのです。

身も蓋もないかもしれませんが、全てはお金を稼いで幸せを手に入れるためだと考えています。

 

 

僕は大学院に行ったからこそ、人生の生き方について考えられるようになりました。

大学の時も、社会人になってからも、人生について深く考えたことなんてありませんでした。

人はいつまでも気楽にいられるものではありません。人生って本当に色んなこと考えなきゃ生きていけないなぁ、ってことを実感しています。

 

僕は大学院にいる間、もしくは大学院進学に悩んでいる間にまずは自分がやりたいこと、楽しいことがなんなのかを見つけ出すことが最優先なのではないかと考えています。

結局はやりたい、楽しい、がモチベーションに繋がるからです。

これについてはまた別の記事で掘り下げます。

 

大学院にいくデメリットは?

 デメリット、失うものについても考えなくてはいけません

一番大きな問題はやはりお金でしょうか。

僕は学部の時は、家庭のお金の事情から大学院進学はせずに就職した経緯があります。(単純に早くお金を稼ぎたかったというのもある)

 

授業料免除や、奨学金を上手く利用する手段もあるのでケアできる問題ではあります。

しかしながら、就職し働いている友達と話す時に相手が稼いでいることに、劣等感や羨望を感じてしまうことは危険です。

社会に出てお金を稼ぐということは、大変ですがそれだけ大きなメリットがあることでもあります。というか最終的にはお金を稼がないと生きていけませんからね。

「大学院生とお金」の問題についてはまた記事を書きたいと思います!

 

他に考えられるデメリットとして、これは特に博士課程に進学した人の問題です。

社会経験を失うことになります。

大学院の博士学生は研究のマネージメントを一つの仕事としていることは間違いありません。

しかしながら、悲しいことに、社会経験として認識されないことがほとんどです

20代のうちの7~8割をただ学生で過ごしたとみなされてしまうのです。

これが博士の一番辛いところでもありますね。

僕は社会人経験を持って博士課程に入ったため、そのようには見られる可能性は低いですが、じゃあなんでわざわざ会社辞めて大学院入ったの?という問と戦うこととなります。

 

 自分の話は追い追いしていくとして、今は大学院についての悩みで思いつくことをどんどん記事にしていきたいと思います!

少しでも、大学院について悩んでいる人の力になれたら嬉しいです。

読んで頂いてありがとうございます。

 

自己紹介

 このブログの主旨はこちらを御覧ください

re-zero.hatenablog.com

 

名乗るのを忘れていました

 

Re:(リー)という名前でやっていきたいと思います。

 

国立大学の学部を卒業し、社会人を経験、会社を辞め博士課程へと進学しました。

 

現学部生、大学院生と年齢はけっこう離れているかと思いますが、共感することはできると思います。

 

大学院ではいわゆる生物系の分野におります。

また、学部では医療系国家資格を取っており、多少医療職についてのお話もできます。

 

そういった部分についても掘り下げた記事を書いていけたらなと思っています。

 

自分のやりたい事、進路、どうしたら良いかわからない…

そうやって僕も悩んできました。今も悩んでいます

 

少しでも、悩む学生の力になれればと思います。よろしくお願いします!

【はじめに】どんなブログ?

僕は大学院の博士課程に在籍する学生で、社会人を経験しています

 

このブログでは自身の経験から、

  • 大学院修士課程進学について悩んでいる学部生
  • 大学院博士課程進学について悩んでいる修士学生
  • 大学院博士課程に在籍し悩んでいる博士学生
  • 大学院で学位を取りたいと考える社会人
  • そもそも大学院ってどんなとこ?と思う人

そんな人達に自分の経験を交えた記事を書き、悩み、立ち止まってしまうことを出来る限り少なくしたい

という目的があります。

 

なぜこのような目的を設定したか?

 それは私自身が社会人の時、あまり深く調べも考えもせずに大学院へ進学した結果

苦悩の日々を経験することになったからです。

 

ブログを読む上で注意して頂きたいこと

  •  ブログの記事は僕個人の主観です。それを悩んでいる人に客観的に判断してもらって、答えを見つける材料にして欲しいです。
  • しかしながら、このブログにより如何なる不利益を被ることになっても責任は一切負えません。
  • 時に婉曲的な表現を用いたり、おもしろおかしく比喩表現したりします。そこは楽しくわかりやすくお伝えできたらなぁと思っています。
  • 僕が一番伝えたい事は、大学院で悩んでうつになってしまったり、どうしたら良いかわからなくなっても、同じ悩みを抱えてる人はいっぱいいるし、頑張ろうと思っても頑張れないこともあるし、自分を責めて辛くならなくても、きっと人生は楽しく生きていけると信じて下さい、ってことです。